非接触ICタグ

当社のICタグの特徴は、社内に設計部門を持っていることです。
通信距離を考慮したアンテナから、使用環境を考慮した材質の選定まで自社内のリソースで設計をすることが可能です。
また、国内・海外工場による多品種少量生産を行っており、ラベルタグや金属対応タグ、耐熱タグ等、多くのICタグを取り揃えております。形を変えることで、様々なご利用シーン・環境に合わせた最適なICタグをご提案いたします。
なお、ICタグの受託開発サービスも承っております。

非接触ICタグ

製品紹介-ICタグ・ICチップ

非接触ICチップをカードに組み込めば非接触ICカードと呼ばれ、カード以外のモノに組み込めば非接触ICタグとなります。
当社ではHF帯(13.56MHz)のタグからLF帯(125KHz~134KHz)、UHF帯(860MHz~960MHz)といった周波数までカバーしております。またラベルやリストバンドタイプまた高耐久性といった豊富なラインナップを準備しており、お客様のご利用シーン・環境をヒアリングさせていただいた上で最適なICタグをご紹介いたします。ICタグは電波によって作用するため、導入には予想以上にシビアなことがあります。当社は、ご要望によって新規に企画・開発することも可能ですので、ぜひご相談ください。

製品ラインナップ

ラベルシールタグ

ラベル(シール)タグ

ラベル(シール)の中にICチップを封入加工したタグです。一般的に商品管理や物流管理に使われます。また社員証カードに貼付をして、ICとして転用することも可能です。
プラスチック成型をしていないため、カードや加工タグよりも低価格です。

製品詳細を見る

リストバンドタグ

リストバンドタグ

リストバンドにICタグを埋め込んだウェアラブルなタグです。ICチップの選択はもちろん、材質やバンドの種類も選択できます。工場の入退室のほか、温浴施設やホテル、プール、病院などの多彩なシーンでご利用いただけます。

製品詳細を見る

センサー接続タグ

センサー接続タグ

非接触ICタグの通信機能に着目したタグです。センサーなどからデータを受け取り、それをICタグの無線通信に乗せて上位に送信します。
近年注目されてるIoTの情報伝達手段として活用が期待されているタグです。

製品詳細を見る

UHF/HF Dualタグ

UHF/HF Dualタグ

UHF帯とHF帯のICチップを一つの基材に乗せた新しいタイプのタグです。通信能力を損なうことなくデュアルタイプのタグとして実現しました。HF帯ICチップは、NFCスマートフォンで読取可能で、一般のユーザにも運用が可能です。長距離通信と近接通信の融合で新しいアプリケーションの開発が可能となります。

製品詳細を見る

耐熱/高耐久性タグ

耐熱/高耐久性タグ

生産管理のほか、食堂精算また鮮度管理にご使用いただけます。食器やお皿に取り付ける粘着剤付のタイプもあわせてご使用いただけます。サイズを選択いただき、必要な通信距離を確保することができます。

製品詳細を見る

金属対応タグ

金属対応タグ

一般的にICタグは金属上では通信性能が大きく損なわれることが知られております。こちらのタグは金属上で使われることによりその能力を発揮します。金型や金属製パレット、ケースなどの管理に欠かせないアイテムにご使用いただけます。

製品詳細を見る

小型タグ

小型タグ

小型且つ通信能力も高く、
スマートフォンのNFCリーダを使ったアプリケーションや、ゴルフ場のスコアカードなど、ケースにICタグを封入するようなアプリケーションに向いています。
さまざまなタイプのICチップに対応可能です。

製品詳細を見る

キーホルダー型タグ

キーホルダー型タグ

小さく堅固な為、持ち運びに便利です。車や家のカギにつけたり、携帯に取り付けるストラップタイプもご用意しております。スマートフォンやタブレットPCを使ったアプリケーションにもぴったりのサイズです。

製品詳細を見る

ご購入・お見積・お問い合わせ

他の製品を見る

タグ一覧表

※名称をクリックすると詳細ページに移動します。

名称 周波数帯 ICチップ タグサイズ
(縦×横)
特徴
FeliCaLite-Sラベルタグ HF FeliCaLite-S 26mm×50mm 優れた性能を持つフェリカライトSを搭載したラベルタグ
Mifare1Kラベルタグ
(紙orPET)
HF Mifare1K 15mm×30mm 世界で最も普及しているICチップの一つであるMifare1Kを搭載したラベルタグ
25mm×38mm
86mm×54mm
MifareULラベルタグ
(紙orPET)
HF MifareUL 29mm×79mm Mifare1Kよりも安価なMifareULを搭載したラベルタグ
85.5mm×54mm
37mm×37mm
IcodeSLIxラベルタグ
(紙orPET)
HF IcodeSLIx 41mm×25mm 物品管理用に使われるIcodeSLIxを搭載したラベルタグ
IcodeSLI超小型ラベルタグ
(宝飾用タグ)
HF IcodeSLIx 10mm×20mm 宝飾品などの値札ケースに使いやすい、小型かつ通信能力の高いタグ
16mm×16mm
IcodeSLIx透明タグ
(絵本用HFタグ)
HF IcodeSLIx 50mm×80mm ラベル下の文字や絵を隠さない透明タイプのHFタグ
NTAGラベルタグ HF NTAGxxx φ28mm 汎用型NFCタグ/円形のため貼付するのが簡単なタグ
NTAG超小型ラベルタグ HF NTAGxxx 10mm×20mm 主に機器組込などに使えるマッチング用小型タグ
偽造防止タグ HF NTAG/UL φ28mm 剥がすと壊れる偽造防止用タグ
汎用型UHFラベルタグ UHF Higgs3 or 4 21.2mm×73.5mm サイズの選べる汎用型UHFラベルタグ
UHF Monza5 17mm×72mm
UHF Monza5 34mm×60mm
ガラス対応UHFラベルタグ UHF Higgs3 23.2mm×96.5mm ガラスに相性の良いUHFタグ
長距離通信UHFタグ UHF Monza4E 12.31mm×98.18mm ロングレンジタグ
小型UHFラベルタグ UHF Monza4 10mm×25mm ミッドレンジタグ
UHF Monza4 19.05mm×30mm ミッドレンジタグ
UHF Monza5 φ15mm ショートレンジタグ
書籍用UHFラベルタグ UHF Monza4QT 6mm×94mm 横幅が細く隠蔽性がある書籍用タグ
全方位読取UHFタグ UHF Monza4 34mm×50.8mm どの方向からでも読めるオムニタグ
50.8mm×50.8mm
低誘電率素材向け
書籍用UHFラベルタグ
UHF Monza4 15mm×100mm 低誘電率素材に適合
クーバングルHF
リストバンドタグ
HF Mifare1K/UL/FeliCaLite-S/Tag-it/IcodeSLIx フリー ワンタッチ装着
耐熱性があり、印刷/色/チップなど自由な組み合わせが可能
クーバングルUHF
リストバンドタグ
UHF Monza4QT フリー ワンタッチ装着
印刷/色/ICチップなど自由な組み合わせが可能
クーバングルDual
リストバンドタグ
UHF/HF HF/Monza4QT フリー ワンタッチ装着
印刷/色/ICチップなど自由な組み合わせが可能
汎用型シリコン
リストバンドタグ
HF Mifare1K/UL/FeliCaLite-S/Tag-it/IcodeSLIx サイズ
S/M
耐熱性が高く安価な汎用型
ホック型シリコン
リストバンドタグ
HF Mifare1K/UL/FeliCaLite-S/Tag-it/IcodeSLIx フリー 耐熱性が高く、サイズフリーのシリコンリストバンド
取り外し不可型
リストバンドタグ
HF Mifare1K/UL/FeliCaLite-S/Tag-it/IcodeSLIx フリー 一度取り付けた後は、破壊しないと取り外しが出来ない使い捨てタイプ
リストバンドタグ用
耐熱タグ
HF Mifare1K/UL/IcodeSLIx φ22mm GSK社製のリストバンドに組み込めます
センサー接続タグ UHF Ucode G2iM+ 30mm×86m RFIDの無線通信機能を活用したデータ送信用タグ
Dual tag UHF/HF Higgs3 + Mifare1K/UL/NTAG 38mm×76mm> NFCとUHFを一つの基板に搭載したタグ
耐熱タグ13 HF IcodeSLIx/Mifare1K/UL φ13mm 最小サイズの耐熱コインタグ
耐熱タグ22 HF IcodeSLIx/Mifare1K/UL φ22mm 優れた耐熱性と信頼性
耐熱タグ40 HF IcodeSLIx/Mifare1K/UL φ40mm 薄型耐熱タグ
金属対応 プレートタグ HF Mifare1K/MifareUL/FeliCaLite-S/IcodeSLIx/LF 34mm×34mm 耐久性の高いFR4を使用し、かつ金属に対応したタグ
金属対応ボタンタグ HF MIcodeSLIx φ10mm
金属対応 UHFタグ FR4 UHF MonzaR6 80mm×13mm×2.4mm 耐久性の高いFR4を使用した金属対応タグ
UHF帯金属対応ラベルタグ UHF Monza4QT 70mm×30mm
超小型UHF帯金属対応 UHF Ucode7 6mm×10mm×2mm
インセットタグ HF IcodeSLIx/Mifare1K/UL/FeliCaLite-S 22mm×50mm 小型HFタグ 様々なケースに封入可能
スモカタグ HF IcodeSLIx/Mifare1K/UL/FeliCaLite-S 30mm×48mm 小型HFタグ 様々なケースに封入可能
サークルタグ
(円形タグ)
HF IcodeSLIx/Mifare1K/UL/FeliCaLite-S
ミニカ+ミニカプラス
(キーホルダータグ)
HF IcodeSLIx/Mifare1K/UL/FeliCaLite-S 22mm×30mm×0.76mm 超小型HFタグ キーホルダにできます。また表面にエポキシ加工を施すことにより美しい仕上がりも可能。
22mm×30mm×4.7mm
keyfob HF IcodeSLIx/Mifare1K/UL/FeliCaLite-S 45mm×30mm キーホルダに使えるICタグ
おもちゃ型ICタグ「トイタグ」 IcodeSLIx/Mifare1K/UL/FeliCaLite-S

ICタグについて

【ICタグとは】

ICタグとは、SuicaやPASMOのように無線通信装置を、紙や樹脂などに埋め込んだ(加工した)タグです。
またISOで定められたカード規格に合致したものはICカード、それ以外のものは基本的にはICタグと呼びます。

【ICタグの価格について】

ICタグ導入にあたって、まず考えなくてはならないのはICタグの価格についてです。
ICタグの価格は2次元バーコードの価格よりも高く、1つ数十円から数百円と言われております。この価格の問題が、これまでのICタグの普及に大きく影響を及ぼしていると考えられています。
この価格の問題から脱却するためICチップ・ICタグを低価格で製造する様々な取り組みがなされています。
経済産業省発表の「1円タグ」のもと、今後ICタグの普及がされ、各社の出荷個数が増え価格は下がっていくことが予想されます。
一方で、ICタグはオリンピックによるセキュリティ需要や働き方改革による効率化また、高齢化社会における医療・介護問題等々の社会のニーズから様々なビジネスシーンで使用されることが考えれられています。

【ICタグの原理について】

一般的にICタグと呼ばれるパッシブ型には、2つの異なった原理が存在します。一つは電磁誘導方式で、二つ目は電波反射方式です。電磁誘導方式は周波数の比較的低い帯域で使われ、電波反射方式は周波数の比較的高い帯域で使われます。双方ともリーダライタから発信された電波をタグが受け、電気を作りだすことに変わりはありません。ICチップにはその電気が供給され、反射波を変調させてリーダとの通信を実現します。

【ICタグの種類について】

ICタグと言っても様々な種類があります。分類の仕方も通信距離、環境特性、形状と様々ですが、ここに代表的な環境特性やタグの形状によって分類をします。

No タグ名称 特徴/形状 使用場所
1 耐熱タグ 高温環境に耐えられるように設計されたタグ。 クリーニング、食器皿、FA
2 耐候性タグ 屋外に長時間放置されても問題ない。紫外線や雨、ちりなどに強い。 電灯、電柱、ガスメータ
3 耐衝撃タグ 長時間の振動や落下の衝撃などに強いタグ。 電灯、電柱、重機
4 金属対応タグ 通常ICタグは金属の貼付すると読取ができなくなりますが、金属対応タグは特殊な工夫をして金属上でも読み書きを可能にしてあります。 工場、倉庫、設備管理
5 ラベルタグ ラベルシールにICタグを埋め込んだもの。 物流、流通、図書館
6 リストバンド型タグ リストバンドにICタグを埋め込んだもの。通常は防水・防塵がなされている。熱に強いものもある。 温浴施設、プール、リゾートホテル
7 キーホルダ型タグ 小型タグをキーホルダにしたもの。携帯電話に付けるストラップタイプもある。 ドアキー、ポイントシステム
8 ガラスタグ ガラス管の中にタグを封入。強い耐久性をもち、生体への害が少ない。 動物タグ

【ICタグ導入のメリットについて】

ICタグは一般的に通信速度が速く、一括読取が可能で、電波通信であるため多くの物を透過して読取が可能であることなど、多くの優れた点があると言われています。ICタグと市場で競合する技術は1次元バーコードや2次元バーコードです。そこで、バーコードと比較してICタグのメリットを見てみます。

ICタグとバーコード比較表

  データ量 データ書換 読取速度 読取距離 一括読取 耐汚れ
ICタグ
1次元
バーコード
× × × × ×
2次元
バーコード
× × × ×

このようにICタグはほとんどの点で、バーコードの能力を上回っていることが分かります。ICタグは基本的に樹脂や紙の内部に埋め込みます。従って、表面に見えている必要が無いので、バーコードと違って自由な形状で作れることもメリットの一つです。 但し、衝撃などに対する耐久性は印刷するバーコードの方が強い場合があり、また価格はバーコードの方が安くなっております。

【ICタグの問題点とは】

ICタグの最大の問題点はコストです。費用対効果をどう見るかがICタグ導入の鍵です。
技術的には水分や金属が周囲にあると通信に問題が発生する可能性があり、タグが脱落した場合のリカバリーも予測する必要があります。
さらにICタグのような電波通信では読み取った数と、実際の数量を付け合せする必要が出てくる場合があります。そのため、システム構築には数量管理をどうするかという問題も残ります。

【ICタグを選ぶ場合の注意点について】

ICタグを選ぶときは、「ICチップの性能」「必要通信距離の確保」「使用する環境での耐久性」などを検討しなければなりません。
「ICチップの性能」とは、セキュリティやメモリ量などを指します。
「必要通信距離の確保」はすなわちアンテナのサイズ/形状と選択するチップによって決まります。
「使用する環境での耐久性」とは、タグが使われる環境に合わせて材質を考える必要があります。温泉のように硫黄濃度が高い場所では通常の樹脂ではすぐに傷んでしまいます。また、温度が高いところではPVCは曲がり壊れにつながってしまいます。このように環境に合わせた素材選びも大切です。

【ICタグ導入事例】

世界市場ではイモビライザーと呼ばれる車のキーで大量に使われています。日本での大きな導入事例としては、図書館が有名です。その他、建築廃材の管理や工場内の物品管理などが挙げられます。また、今後NFCスマートフォンの普及により身近になりそうなものとして、スマートポスターというものがあります。
スマートポスターにはICタグが貼られており、スマートフォンで読み込むことで、デジタルな表現を加えること、また、閲覧者のデータを取得してビックデータとして広告に活用できます。

ご購入・お見積・お問い合わせ