非接触ICカード

ハイセキュリティと扱いやすい容量を持つ非接触ICカード。
同じカードといえど、そのICの種類は無数にあります。
当社は、非接触ICカードメーカーとして、他社よりも多くのICを取り扱い、
また品質維持のために下記体制で取り組んでおります。

  • ・製造工場 :製造に当たっての指導及び検査、検品結果のフィードバック実施
  • ・生産センター:検品(外観・通信)、印刷及びエンコードなど後加工
  • ・品質保証室:検査、不具合発生時の解析

メーカーにしかできない技術を駆使した非接触ICカードを提供いたします。

非接触ICカードの選び方

非接触ICカード

非接触ICカードとは

ICカード(非接触)は今までのIDカードに比べると格段にハイセキュリティでメモリバイトも多く、様々な分野で使われています。
IDカードの歴史を見ると、初期に活躍したバーコードカードはデータ書換が出来ず使い道が限られていましたが、
磁気カードの登場によりデータの書き換えが可能になり、飛躍的にIDカードの使い道が広がりました。

しかしながら課金情報や個人情報を格納するには、磁気カードではセキュリティが低く、メモリバイトが少ないことに難点がありました。
その問題点を克服し、尚且つユーザにとって使い勝手も良くなったものがICカード(非接触)です。
ICカード(非接触)には様々なタイプがありますので、使う方にとって最も適合するタイプを選ばなければいけません。

製品ラインナップ

Mifareカード製品詳細を見る

Mifareカード

マイフェアカードはNXPセミコンダクター社が製造する非接触ICチップを搭載しており、非接触ICカードとしては世界で最も広く活用されているカードです。製品詳細を見る

FeliCaカード製品詳細を見る

FeliCaカード

ソニー社が開発した非接触ICチップであるFeliCaカード(フェリカカード)は、Suicaなどハイセキュリティな環境で使用されているカードです。製品詳細を見る

その他 非接触ICカード

製品詳細を見る

製品詳細を見る

  • Icodeカード

    ISO15693に準拠したICカードです。
    キーセキュリティはなくユーザメモリバイトも少ないですが、近傍型と呼ばれる規格で、通信距離が比較的長いのが特徴です。

  • Tagitカード

    ISO15693に準拠したICカードです。
    キーセキュリティはありませんが、ユーザメモリバイトは複数種類から選べます。
    ICチップは米国のテキサスインスツルメンタル社製です。

  • Ntagカード

    ISO14443に準拠したICカードです。
    キーセキュリティもありつつ、安価なカードです。ユーザメモリバイトは複数の種類から選べます。

  • Hitagカード

    125KHzの長波帯カードです。Hitag1もしくはHitag2のどちらもご用意することが可能です。入退室管理などによく使用されています。

  • EMカード

    125KHzの長波帯カードです。書換可能のタイプと読取のみのタイプをご用意することが可能です。入退室管理などによく使用されています。

  • UHF帯カード

    短波帯や長波帯よりも通信距離が長く、リーダの出力や使用環境によって4~5m程度の通信距離を実現できます。
    駐車場への入場管理など通信距離が必要な場所で活躍します。

  • コンビカード

    13.56MHz & 125KHz 短波帯(13.56MHz)のICチップと長波帯(125KHz~134KHz)のICチップを一つのカードに収めたカードです。 収めるチップは様々なタイプから選択できます。

  • ICペーパーカード(IC紙カード)

    2017年より紙基材の非接触ICカードを販売開始いたしました。紙基材で高品質な印刷を可能にした安価なICカードです。東京工場製造のため、納期や印刷など柔軟な対応が可能です。

  • ICカード評価用リーダライタキット

    13.56MHz帯のICカード、ICタグのデータの読み書き等の動作確認が簡単にでき、上位アプリケーションの開発も容易にできるリーダライタキットをご用意いたしました。

印刷・社員証印刷・導入事例

非接触ICデータシート

ご購入・お見積・お問い合わせ

他の製品を見る