センサー接続タグ

RFIDはバッテリー不要の優れた無線通信システム、データ収集に役立つタグ!!

センサー接続タグ

■一般特性

カードタグサイズ 30mm×86mm
インレイサイズ 20mm×80mm
ICチップ Ucode G2iM+
基材 ポリイミド、PVC
アンテナ 銅エッチング
通信距離 3m〜5m
納品可能形態 Dry Inlay/小型カード

※リーダや周辺環境によります。

■特徴

センサー接続タグはI/O端子を持っており、外部からの信号により、チップ内部の特定のビットを変更可能な機能を持つ特殊なタグです。
RFIDはバッテリー不要な優れた無線通信機です。
近年導入が進められているIoT(インターネット・オブ・シングス)などで、センサーから上位にデータを通信する際に、RFIDを使った本タグが有効な手段となると考えられます。

■電気的特性

国際規格 EPC Class1 Generation2
エアインターフェースプロトコル ISO18000-6C
動作周波数 860Mhz-960Mhz
ICチップ Ucode G2iM+
アンテナ 銅エッチング
メモリ内容 EPC:128bit up to 448bit
ユニークTID:96bit
ユーザメモリ:320bit up to 640bit
※EPCをユーザメモリに拡張できる。
通信距離 3m~5m

※リーダや周辺環境によります。

■使用環境

動作温度 -20℃~80℃
保管環境 1年間 20℃/湿度50%

■使い方

直接配線ができない場所などで使えます。
例1では、例えば調査対象の温度が一定に保たれているか、温度センサーで検知を行い、
規定温度を超えたら、アラートを鳴らすことができます。

例1 壁の向こうに対象物があり、常時監視が必要なケース

例2 複数の場所にセンサーが設置してあるケース