RFID UHF帯
ICタグ入室管理システム

RFID UHF帯ICタグ入室管理システム

2つの特徴

その1”タッチしない”認証

従来の制御盤にUHFリーダを接続することで、”かざす”認証から”向けるだけ”認証に。
これまで運用面から導入を敬遠されていた食品工場内では、セキュリティレベルに応じた”向けるだけ”認証と”かざす”認証を同時に行うことも可能です。

その2優れた認証距離

カードリーダの調整により、10cm程度~100cm程度まで認証距離を調整することが可能です。

RFID UHF帯ICタグ入室管理システム
RFID UHF帯ICタグ入室管理システム

タグは体から少し離した状態で読取ります。

無線局申請不要の特定省電力リーダを使用

構内無線局の申請が不要な、UHFリーダを使用したセキュリティを構築いたします。

カードの選択も自由

UHF入退室のみで使用する場合には、UHFのみのカードを使用。
セキュリティレベルにより、HFとUHFの両方を使用したセキュリティ構築も可能です。
当社製品のデュアルカードを使用することにより、カード1枚で他システムでも使用可能となります。

他システムと連携可能

防犯カメラやゲートシステムと連携させ、よりセキュアな環境にすることが可能です。
またフロア内にてHF入退室/UHF入退室を使いわけることで、作業者の区分けも行えます。通路にUHFリーダーを設置すれば、作業者の動線管理としたビックデータを収集することができ、応用のきくシステムといえます。