RFIDソリューション

当社ではRFID技術の新規導入にあたっての通信及び設定、運用方法から、
すでに導入されていて問題が発生した場合の対処方法まで、
非接触IC関連のことについては、すべて対応させていただきます。
また当社は、数少ないICタグの設計能力をもっています。RFID及びICタグの導入において、
お客様独自のタグを開発しております。詳しくはこちらをご覧下さい。

>>ICタグ受託開発サービス

RFIDコンサルティングサービス

RFIDを新規に導入する場合、各周波数帯やICの特性をよく理解してソリューションを最大化しなければなりません。当社ではお客様の要望を十分にヒアリングし、最適なICチップ、最適な形状、耐久性のある材質を、出来る限りコストを抑え、尚且つ、非接触ICの能力をフルに発揮できるよう助言をさせていただきます。運用方法の検討などによっては、セキュリティの向上や運用の効率化などににつながることもあります。当社の豊富な経験を積んだ社員が、御社のご要望に最適なプランを提案させていただきます。

RFIDコンサルティングサービス

運用方法やセキュリティについては提案書を作成し、より良い方法を打ち合わせさせて頂きます。コストや通信の場合は、各々個別の原因があるので、その都度最良の方法を提案致します。一つ言えるのは、私共はカードの印刷からアンテナの設計、メモリ内部のデータ設定に至るまでRFIDに関わることであれば長年のノウハウが蓄積されているということです。ぜひ私共のノウハウを有効活用して頂ければ幸いです。
またICカード・タグはそれ単体で使うことはありません。必ずシステムの中に組込まれてデータ認証もしくはデータを運ぶ役目を担います。従って、導入後のサポートがかかせません。導入してからが私共の仕事が始まると言っても過言ではありません。電話問い合わせ、訪問による調査、新しい情報の提供など、常に質の良いサポートを提供するよう当社は努力を惜しみません。

>>RFIDシステムにつきましてはこちら

【既存システムでの不具合原因調査】

不具合には2つのタイプがあります。一つは原因がすぐに特定できるもの、もう一つは原因がすぐには特定できないものです。例えばICカード及びタグの外観におけるキズや汚れ、また、プリンタでの印刷や印字の失敗などは比較的原因の特定が簡単なことが多いと言えます。一方、通信の不具合に関しては、原因の特定が難しいケースが多いと言えます。例えば、リーダ側も正常に動作しており、カードやタグも通常使用では問題がない、しかし導入現場では通信不良が頻発するようなケースです。このように無線システムでは通信エラーが発生しても、なぜそれが起きているのか原因がすぐには特定できない場合があります。当社では豊富な問題解決の経験を基に、スペクトラムアナライザといったRFID専門設備を用いて各種試験を駆使し、いつどこでどのような現象が起こっているかの調査を実施します。

UHF帯パッシブタグ解析の一例

周波数特性

周波数特性

指向特性

指向特性

スペクトラムアナライザによる解析の一例

  • データキャリアの共振周波数の一例

  • リーダライタからの出力の一例

解決策の提案

まず当社では、不具合原因一次調査報告を速やかに行います。その後、今後の運用方法については提案書を提出し、より良い方法を打ち合わせさせて頂きます。コストや通信の場合は、各々個別の原因があるので、その都度最良の方法を提案致します。一つ言えるのは、私共はカードの印刷からタグのアンテナの設計、ICメモリ内部のデータ設定に至るまでRFIDに関わることであれば長年のノウハウが蓄積されているということです。ぜひ私共のノウハウを有効活用して頂ければ幸いです。

実際のコンサルティング例

■【D社の場合】~既存システムのコンサルティング(通信不具合)

RFIDシステム導入現場にてカード読取ができない現象が多数発生。

カード及びリーダライタの特性調査の結果、リーダライタとカードの通信が適合していない事が判明。

リーダライタ側の改善と共に、特性を合わせた専用カードを作成し解決した。

■【C社の場合】~既存システムのコンサルティング(印刷不具合)

RFID導入現場にてカードの印刷が剥れる現象が多数発生。

カードの調査を行った結果、印刷層の保護が脆弱であることが判明。

カード作成方法を変更し強固な印刷保護方法にすることによって解決した。

■【O社の場合】~新規導入に当たってのコンサルティング(マイフェアセキュリティ)

マイフェアカードによる会員証を検討していたが、ポイント情報をカードに持たすためどの様な運用にすればセキュリティが守られるのかが分からず頓挫しかかっていた。

当社でマイフェアカードのキーA及びキーBを使ったアクセス制限と各ブロックの設定及びリーダライタの運用方法を提案した。

結果として当社案でまとまり現在も問題なく稼働をしている。

■【R社の場合】

RFID導入現場で利用者よりカードの読取がおかしいことがあるとの報告が多数発生。

同ロットで購入した未使用のカード2,000枚を調査した結果、カードの特性にかなりのバラつきがあることが判明した。さらに詳細に調査をすると少なくとも3種類、明らかに制作現場の違うカードがあることが判明した。

当社ではR社に報告書を提出し、R社はロットアウトとして購入先に不具合カードを返品した。