Mifareカード

マイフェア(mifare)カード

Mifare1K(マイフェア1K)

マイフェアカードはNXPセミコンダクター社が製造する非接触ICチップを搭載しており、非接触ICカードとしては世界で最も広く活用されているカードです。全世界での累計出荷数は四十億個を超えるものと推測されます。フェリカカードを日本の標準カードと呼ぶならば、マイフェアカードは世界標準のカードといえるでしょう。マイフェアカードは世界のどこでも入手可能で、ISO14443TypeAに準拠しており、誰でも開発可能なオープンなシステムとなっています。マイフェアカードの特徴は、1Kバイトの十分なメモリ容量と多くの実績に基づく高い信頼性にあります。また価格面でもフェリカカードより安価に入手が可能です。当社ではカードの販売だけではなく、セキュリティ運用のためのキー設定及びエンコード内容、印刷や印字などの加工にも多くの実績と自信があります。当社にご相談頂ければセキュリティの設定やNFCフォーマットなど、カード制作に必要なノウハウの提供も可能です。

マイフェア1Kカード価格一覧表

枚数 10枚 100枚 500枚 1,000枚 3,000枚
白カード 350円 250円 220円 200円 185円
社員証 800円 730円 670円 600円 550円
会員証 700円 400円 350円 300円 250円

※設定費用が別途かかる場合があります。設定費用はデザインや仕様により変わります。
※年間の数量によりディスカウント可能です。ご相談下さい。

Mifare4K(マイフェア4K)

通常のマイフェアカードはメモリ容量が1Kバイトなのに対して、こちらは4Kバイト(ユーザ使用領域は3,440バイト)のメモリ容量を持ちます。マイフェア1Kカードではメモリが不足する場合に4Kカードが役立ちます。

セキュリティ設定や通信はマイフェア1Kと同じですが、メモリ構造が若干異なり、0セクターから31セクターまではマイフェア1Kと同様にセクター毎に4ブロック(各ブロック16バイトのEEPROM容量)を配していますが、32セクターから40セクターはセクター毎の容量が大きくなり、各セクターに16ブロック(各ブロック16バイトのEEPROM容量)を配する構造になります。

カードにログを残したい場合(例えばオフラインでの催事などでカードに購買/訪問履歴を残す)などでは有効なカードです。
※マイフェア1Kのメモリ構造図をご参照下さい。

マイフェア4Kカード価格一覧表

枚数 10枚 100枚 500枚 1,000枚 3,000枚
白カード 380円 280円 250円 230円 205円
社員証 830円 760円 700円 630円 580円
会員証 730円 430円 380円 330円 280円

※設定費用が別途かかる場合があります。設定費用はデザインや仕様により変わります。
※年間の数量によりディスカウント可能です。ご相談下さい。

MifareUL(マイフェアウルトラライト)

マイフェアウルトラライトはISO14443TypeAに準拠したICチップでマイフェアカードの廉価版として開発されました。
このチップはセキュリティキーを持つことは出来ませんが、7バイトのUIDを持ち、ワンタイムライトやライトプロテクトなどの補助的な機能を持っています。そのため多くは電子チケットとして使われていますが、最近では通信インフラ能力の向上から7バイトのUIDを活用した認証カードとしても活躍しています。
ユーザメモリ数は48バイトと極めて少なくなっています。

マイフェアULカード価格一覧表

枚数 10枚 100枚 500枚 1,000枚 3,000枚
白カード 320円 220円 190円 170円 165円
社員証 770円 700円 640円 570円 480円
会員証 670円 370円 330円 270円 220円

※設定費用が別途かかる場合があります。設定費用はデザインや仕様により変わります。
※年間の数量によりディスカウント可能です。ご相談下さい。

MifareDESfire(マイフェアデスファイヤー)

マイフェアスタンダードに比べて、高いセキュリティ性を持つトリプルDES認証(共通鍵暗号であるDESで3回暗号化)を採用しており、またUID(7バイト)をランダムIDとすることが可能です。
メモリ構造を自由に設定することができ、通信速度は最大848kbit/Sとなります。

このような高いセキュリティ性、柔軟性を持つため、アメリカ国務省の認証カードとして使用されています。
またNFC(Near Field Communication)の規格にも準じており、スマートフォンアプリとの連動も可能です。

高セキュリティ且つ複数のアプリケーションを搭載した、万能カードとして有効なカードです。

MifarePlus(マイフェアプラス)

マイフェアプラスは、AES暗号を採用した、高いセキュリティ性を持つ非接触ICカードです。またMIFARE PlusにはMIFARE Classicのように動作する「MIFARE互換モード」を搭載しており、AES暗号未対応でDES暗号を使用している既存のリーダーライターでも利用可能です。

マイフェアカードエンコード

マイフェアスタンダード1Kカードは16層のセクターとセクター内の4つのブロックにあらかじめ分けられており、4つのブロックの内一つはメモリへのアクセス条件を定義するアクセスコンディション情報を格納します。
カード全体で約752バイトの容量までデータを書き込むことができます。
各セクターはキーAとキーBと呼ばれる二つの鍵によってプロテクトされており、各セクター及びブロック毎にアクセスコンディションの設定が可能です。 これらの設定によってセクター内のデータの保護などを実現することができます。

当社ではお客様の実現したい内容をお伺いした上で、最も適したアクセスコンディションをご提案いたします。また、NFCカードとして使用する場合も、Non-proprietary NFCセクターとProprietary NFCセクターの設定など適切なアドバイスをさせて頂きます。

マイフェアブロック構造

■セクター

セクターは全部で16個(0~15)あり、1セクターは4つのブロックから成り立っています。3つのユーザーブロックと 1つのシステムブロック(セクタートレイラーと呼ぶ)があります。

■アクセスビット

ユーザーブロックとセクタートレイラーに対するアクセス条件を定義します。アクセスパターンは各8種類あり、同セクター内の各ブロックへのアクセス方法と使用するkeyを定義しています。

■ユーザーブロック

ユーザーのデータを格納するブロックです。
1ブロック=16バイト

データシート

非接触
ICカード
全般 メモリ セキュリティ
通信
周波数
通信
距離
規格 データ
容量
書込
回数
データ
保持期間
構造 シリアル アクセスキー
mifare Std 1k 13.56
MHz
近接 ISO14443A 1024バイト 10万回 10年 64バイト×
16セクター
4バイトor
7バイト
あり
Std 4k 13.56
MHz
近接 ISO14443A 4096バイト 10万回 10年 64バイト×
32セクター
256バイト×
8セクター
4バイトor
7バイト
あり
UL 13.56
MHz
近接 ISO14443A 64バイト 1万回 5年 4バイト×
16ページ
7バイト なし
Desfire 13.56
MHz
近接 ISO14443A 4096バイト 10万回 10年 自由設定 7バイト あり
非接触
ICカード
全般 メモリ セキュリティ
規格 構造 アクセスキー
mifare Std 1k ISO14443A 64バイト×
16セクター
あり
Std 4k ISO14443A 64バイト×
32セクター
256バイト×
8セクター
あり
UL ISO14443A 4バイト×
16ページ
なし
Desfire ISO14443A 自由設定 あり

用語解説

【マイフェアカードとは】

MIFAREはもともとはMikronによって開発されたもので、MIFAREは「MIkron FARE-collection System」の略です。Mikronは、アメリカ合衆国のAtmel、オランダのフィリップス、ドイツのシーメンスにMIFARE技術をライセンスしましたが、最終的には1998年にフィリップス社によって買収されました。フィリップスによる買収の後、日立製作所もMIFAREのライセンスを取得しました。これは1999年に開始され2006年に終了したNTTの非接触ICテレホンカードの開発プロジェクトのためでした。現在はNXPセミコンダクター社(フィリプス社の技術部門が独立)及びインフィニオン社により製造・販売されています。その高い信頼性と簡易な開発環境および低価格化の成功により世界的に大規模に普及しています。