スタンドアロン型
ICカード専用セキュリティロック

オフィス内の複数扉に設置

Fe-Lock[エフイーロック] Advance Plus

3つの特徴

その1だれでも簡単 データ管理

入室の制限設定は管理ソフトで行います。
管理ソフトのデータの変更、あるいは閲覧のみといった制限は、権限の設定により可能です。

その2ネットワークの工事不要。
それでもデータ統一管理が可能

人・カード・扉といった情報は、管理ソフトで一元管理。扉へ登録されているデータの変更は、ハンディーターミナルを使用してデータを本体に記憶させるだけ。また、このデータ通信の際にドアロック本体の内部時計も自動補正するため、これまでのスタンドアロン型にはない、正確な入室の履歴管理も行うことが可能です。

その3データ収集はワンタッチ

入室の履歴データ収集は、ハンディーターミナルをかざすだけ。
取り扱いは簡単、ワンタッチで行うことが可能です。

運用方法

運用方法
運用方法

機能

  • ①ハンディターミナルからFe-Lockへのカードアクセス制限情報の一括転送
  • ②ハンディターミナル使用時Fe-Lockへのカレンダーの自動補正
  • ③Fe-Lockの使用履歴の抽出

ADVANCE EXは、複数のゲートをオフラインで集中管理が可能です。
管理ソフトで作成したデータは、ターミナルを介してドアロックへ記憶させます。
オフィスの書類保管庫や、大学の研究室、工場の作業室などその用途は様々です。
また、Fe-Lockの特徴は、先にも書いた電池寿命の長さ。
オフィスでのご利用には、No.1の製品といっても過言ではありません!!
まずはお問い合わせください。