その他非接触ICカード販売

ホーム > その他非接触ICカード販売

その他非接触ICカード販売

MifareやFelica以外のICカードも取り扱っています。特殊なカードから一般的なカードまで供給することができます。

▼13.65MHz HF帯ICカード

IcodeSLIカード(アイコード エスエルアイ カード)(ISO15693準拠)

IcodeSLIシリーズはNXPセミコンダクター社が製造しているISO15693に準拠したICチップです。
マイフェアやフェリカは近接型と言われ、通信距離が数センチと短くなっておりますが、ISO15693は近傍型といい、通信距離がある程度長くとれます。その反面セキュリティやメモリ容量は少なくなっています。

各チップは書き換えのできない8バイトUID(他に同じ番号は存在しない)を持っており、個別の管理はUIDを使って実施することができます。

IcodeSLI・IcodeSLIXのメモリ容量は128バイトと大きくはないですが、ワンタイムライトなどエンコードした内容を変更できないようにする機能などがあります。
IcodeSLIX2は容量が316バイトと大きい為Tagitカードの入れ替え時に利用可能で、
① アクセスキー(パスワード):ユーザーエリアを2つのページに分割し各ページにパスワードを設定することが出来る
② プライバシーモード:セットすると以降はパスワード認証とICからランダムな数値を返すコマンド以外を受け付けなくなる
③ デストロイ機能:セットすると以降はいかなるコマンドも受け付けなくなる、
などの新たなセキュリティ機能を有しています。

ゲートなどを使う通信距離が必要なシステムの場合はIcodeSLIシリーズのカードが有効です。

非接触
ICカード
全般 メモリ セキュリティ
通信
周波数
通信
距離
規格 ユーザ
メモリ
書込
回数
データ
保持期間
構造 シリアル アクセスキー
Icode SLI 13.56MHz 近接 ISO15693 112バイト 10万回 10年 4バイト×
16ブロック
8バイト なし
SLIX 13.56MHz 近接 ISO15693 112バイト 10万回 50年 4バイト×
32ブロック
8バイト なし
SLIX 2 13.56MHz 近接 ISO15693 316バイト 10万回 50年 4バイト×
80ブロック
8バイト あり

全ての非接触ICデータシートはこちら

IcodeSLIXカード価格一覧表

枚数 10枚 100枚 500枚 1,000枚 3,000枚
白カード 320円 220円 190円 170円 165円
社員証 770円 700円 640円 570円 480円
会員証 670円 370円 330円 270円 220円

※設定費用が別途かかる場合があります。設定費用はデザインや仕様により変わります。

※年間の数量によりディスカウント可能です。ご相談下さい。

Tagitカード(タグイット カード)(ISO15693準拠)

Tagitはテキサスインスツルメンツ社が製造しているISO15693に準拠したICチップです。
マイフェアやフェリカは近接型と言われ通信距離が数センチと短くなっておりますが、ISO15693は近傍型といい通信距離がある程度長くとれます。その反面セキュリティやメモリ容量は少なくなっています。

各チップは書き換えのできない8バイトUID(他に同じ番号は存在しない)を持っており、個別の管理はUIDを使って実施することができます。

Tagitにはメモリ容量が32バイトと256バイトと二つのタイプがあります。
機能としてはエンコードした内容を変更できないようにする機能などがあります。

非接触
ICカード
全般 メモリ セキュリティ
通信
周波数
通信
距離
規格 ユーザ
メモリ
書込
回数
データ
保持期間
構造 シリアル アクセスキー
Tagit pro 13.56MHz 近接 ISO15693 32バイト 10万回 10年 4バイト×
8ブロック
8バイト なし
plus 13.56MHz 近接 ISO15693 256バイト 10万回 10年 4バイト×
64ブロック
8バイト なし

▼920MHz UHF帯ICカード

当社はカードメーカーとした長年のノウハウから、UHF帯ICカードの製造を開始いたしました。
UHF帯は通信距離が長く今後の導入が期待されているICカードです。
通信距離はリーダ出力やアンテナ、設置環境によって変わりますが、最大10m程度の通信距離が取れます。

これまではUHF帯のICタグは物流業界を中心に、モノの管理に使用されていました。
しかし最近では、UHF帯リーダーライタの低価格化やUHF帯の利便性によって、車両ゲートなどのセキュリティといったヒトの管理にも使用されております。

当社ではお客様の要望にあったUHF帯ICチップでも、カードとして作成することが可能です。
もちろん、カードサイズについても変更可能で、カードメーカーとして高品質のUHF帯ICカードをご提供いたします。

■標準UHF帯ICカード

標準UHF帯ICカード

■ご利用用途

入退室管理/車両ゲート

UHF帯カードでハンズフリーで入退室管理が可能です。またアンテナを追加設置して、動線や滞留時間の把握、カメラやゲートなどのシステムと連動させることで、セキュリティ性を高めます。
>>入退室管理システムはこちらまで

ストレスを感じることなく、ゲートにかざすことで
認証します。

非接触
ICカード
全般 メモリ セキュリティ
通信
周波数
通信
距離
規格 データ容量
EPC
書込
回数
データ
保持期間
構造 TID アクセスキー
UHF MONZA4D 860~
960MHz
遠隔 EPC GEN2 128bits 10万回 50年 TID/EPC/EPC 64bits あり

全ての非接触ICデータシートはこちら

▼125kHz LF帯ICカード

Hitagカード(ハイタグ カード)

HitagはNXPセミコンダクター社が製造する長波帯(125KHz)のICチップです。
長波帯の特徴は水や金属の影響を比較的受けにくいことです。

Hitagには2種類のチップがあります。一つはHitag1、もう一つはHitag2です。
現在使われているものは、そのほとんどがHitag2です。
Hitag2はチップ価格をより安価にするために、メモリ容量などを軽減して作られたチップです。
Hitag2はパスワードモードとクリプトモードという2つのセキュリティモードを持っており、現在でも強力なセキュリティを保持していると言える優れたチップです。また、Hitag2はISO14223に準拠したチップでもあります。

非接触
ICカード
全般 メモリ セキュリティ
通信
周波数
通信
距離
規格 ユーザ
メモリ
書込
回数
データ
保持期間
構造 シリアル アクセスキー
Hitag 1 100~150KHz 近接 - 192バイト 10万回 10年 4バイト×
64ブロック
4バイト あり
2 100~150KHz 近接 ISO14223/1 16バイト 10万回 10年 4バイト×
8ブロック
4バイト あり

EMカード(イーエム カード)

EMカードはEMマリーン社の製造する長波帯(125KHz)のチップになります。
長波帯の特徴は水や金属の影響を比較的受けにくいことです。
EMチップには機能の違うものが数種類ありますが、当社ではリードオンリーのタイプと、
リードライトが可能なタイプとをご用意できます。

EMカードは以前に日本市場で入退室用として多く発行されており、その継続品として使われることが多いようです。
カードには磁気ストライプを付けることも、他のICチップを搭載することも可能です。

非接触
ICカード
全般 メモリ セキュリティ
通信
周波数
通信
距離
規格 ユーザ
メモリ
書込
回数
データ
保持期間
構造 シリアル アクセスキー
EM 4102 100~150KHz 近接 ISO11784/85 0バイト read only 10年 4ビット×
10グループ
8バイト なし
4450 100~150KHz 近接 ISO11784/85 116バイト 10万回 10年 32ビット×
32ワード
4バイト
(+4バイト)
あり

コンビネーションカード(コンビカード)

コンビカードは周波数の異なる複数のチップを一つのカードに搭載し、複数のアプリケーションに対応できるようにしたカードです。主に、既存システムを維持しつつ、新規のシステム(HF帯やUHF帯)を導入の際に効果を発揮します。

非接触ICはその周波数帯域や仕様により特徴が異なり、コンビカードの製造は非常に技術が求められます。
コンビカードはお互いの強みを生かした新しい使い方が出来る優れたカードです。

<帯域による通信距離及びメリット>
UHF帯:中距離(1m~6m)、読み込みスピード速い
HF帯:近傍及び近接、NFC対応
LF帯:近傍、水や金属に強い

UHF帯&HF帯コンビカード

UHF帯の長い通信距離とHF帯の高いセキュリティを活用した入退室管理カードなどにご使用いただけます。
またはUHF帯による動線管理と、NFC搭載スマートフォンでの読取を使用することで新たなコンビカードの
使い方が考えられます。
当社は、独自のアンテナを使用した新たなコンビネーションカード、Dualタグを販売しております。
>>詳しくはこちら

HF&LFコンビカード

HF帯の優れたセキュリティ機能とLF帯の水や金属に強い特徴を生かした新しいアプリケーションへの活用できます。
また既存の設備にLF帯を使用している場合から、HF帯システムとの連携を取る場合、周波数の異なるカードを2枚持つよりも、このコンビカードで1枚にまとめることが可能になります。

コンビカード